マルチメーター移設(左から右へ)

WAVE125iに先日取り付けたエースウェルマルチメーターを左から右側に移設する。

“マルチメーター移設(左から右へ)” の続きを読む

水混入でダイソー時計死亡

ダイソー時計

ビニールでカバーしていたけど水分混入。
おそらく紫外線等の影響で亀裂でも入って、そこから雨水が侵入したといったところだろうか。
新しい時計を購入したところ、直後に復活!
そんなもんだね。

とりあえずビニールカバーを交換して様子を見てみるか。

サイコン不調からの再購入。

サイコンがオートスタートしない症状だったから、
自転車に付いている同型のものと入れ替えてみる。
すると自転車側は正常に作動しバイクの方は変わらず。
ディスプレーのほうは正常のようだ。
センサーの断線を疑う。
導通チェックしても正常。
センサーとマグネットの隙間をいじったり色々試したが改善しない。

ここまでやってセンサーの破損と判断。
新しい物を購入。
同じ物を買ったのでセンサー部をカットしてギボシを付ける。
配線やジョイント部分はそのまま使うので取り回し等は不要。
車体にセンサーを取り付けて作動を確認。

サイコン取り付け

走ったところ快調そのもの。
やっぱりセンサー破損だったのね。
原因はなんだろう?
ディスク付近の熱にやられたか?それとも長雨で水分混入した?
いずれにしても復活して良かったなぁ。

サイコン不調

サイクルコンピューター7
いつからかサイコンが調子悪い。
オートスタートしないのだ。
断線や故障かと思ったけれど、前面のボタンを押せばちゃんと作動する。配線の延長をしているから断線かと思ったけど、理由がわからない。
配線の一本だけスタートのためにあると言うことがあるのかな?
断線や接触不良が見つからなければ買い換えしなきゃならないかな?
最近お金使いすぎたから節約しなきゃならないのに痛いなぁ。

サイコン取り付け

ようやく時間がとれてサイクルコンピューターの取り付けを行った。

配線の延長
オリジナルの配線は短くてそのままでは見えるところにはどこにも付けられない状態。
そこで配線を途中で切断し延長。
ギボシで繋いだ。そうすれば抜き差しができるので便利。

サイコン 配線加工

モニターの取り付け
ディスプレーはメーター付近に付けようと思う。
配線はミラーステーの根本を通す。
センサーはミラー付け根の穴は通らないけどギボシにしたからそのまま通る。
けれど入り組んでいるため上手く行かないから、WAVEのお顔を少し開ける。
力尽くでやると壊れるらしいからびびりながら作業。
首元から更に下に押し込んでカウル下に出てきたらOK。引っ張り出す。
サイコン取り付け

センサーの取り付け
センサーとマグネットはここに付けた。
まずは両面テープで仮留めしてホイールを浮かせて回転さてみる。
無事に作動したのでマグネットを接着剤で貼り付けた。
マグネットは100均で買ったもの。10ヶ入りだから無くなっても交換ができる。

サイコン センサー

ディスプレーはスクリーンのステーに付属のタイラップで固定。
マウント裏側にRが付いているためボディーへ付けるには何となく不安定。なのでここに。

サイコン取り付け

取り付けた感想
タイヤ径は実測で177センチに。
軽く走ってみたら、オリジナルのメーターより少し低いくらいだから合ってるのかな?
これで時計とトリップメータが使えるからとっても便利に。
ガソリンメーターがあまり当てにならない。振り切ってもあと1リットルくらい残ってたりするから、距離で給油時期を判断できるのはいい。あとどれくらいだろう?って焦ることが無くなった。
バイク通勤は時間の把握はとても大事。時間がわからず焦って飛ばすより、時計で時間を確認しながら余裕を持って走るのとでは燃費や精神的にもいい。
それにこの機能で安いのが良い。イリジウムプラグより安いよ。

今回購入したのはこちら。
送料含めてアマゾンが一番安かった。(2015/2/1現在)

オートスタート機構もありバッテリーもそこそこ持ちそうだから、これに決定。

サイクルコンピューター取り付け(準備)

サイクルコンピューター取り付け

サイクルコンピューターを購入したので、なんのために買ったかと言えば、使いたいからで、使うには取り付けしなければならない。
でも、いろいろ準備が必要で一筋縄ではいかない。

購入したのは自転車用のサイクルコンピューター。
速度域が違うので使えるかどうか不安ではあるが、使用実績の紹介しているサイトが多数あるので大丈夫でしょう。安いしチャレンジチャレンジ。
付属のマグネットはスポークに取り付けできるようにビスがたっていて邪魔。
ホイールに穴開けする度胸は無いので、100均で強力マグネットを購入。
試しにセンサーに近づけてみると作動したのでOKだ。

あとは取り付け場所。
一応イメージはある。
センサーもだがディスプレーの場所も重要だ。

すべてクリアするには線が短い。
使いづらいよりは少しの手間を掛けてあげた方が良いでしょう。
なので配線延長することにします。

けれども今夜は出かけるので明日のお楽しみですね。
それも二日酔いにならなければの話しだから、まぁ無理でしょう。

いつ使用可能状態になるのかな。

キャットアイ CC-VL820 ブラック 単位:個

サイコン購入

velo9

へっへっへ、買ってしまった。
さてどうやってどこに取り付けるか?
迷うな~。

結局送料など考えるとアマゾンで買った方が良かったのでアマゾンで購入。
自転車ショップでまとめて色々買うものがあればうまくいけばトータルで安くなるかもしれないけど、
欲しい物がばっちり揃っているショップもなかなか無いと実感。
貯まったポイントはピザでも取ろうっと。