WAVE125iにサイクルコンピューター取り付け

前回の取り付け方では後ろから前に向かってマグネットが通過する形になっていて、
低速では良かったがあるポイントを過ぎると急に速度が倍になってしまった。
もちろん距離も同じように倍になってしまい、これはいかんと言うことでやり直し。
サイクルコンピュータ
次はここに。とりあえず両面テープで仮留めし出勤。
剥がれる気配もなかったので場所はここに決定して、センサーも移動。
センサーの移動もなんの苦もなく完了。
両面テープを貼り直し隙間を調節をしてタイラップで固定した。

サイコン

走ったところとても良い!!
スピードの誤差は純正メーター80キロでサイコン77キロだった。思ったより狂ってない。

これでトリップメーターと時計ゲット。
1500円程度ならとても良い買い物かと。
別の旧車と自転車にも付けたいくらい。
バイクの方はたぶん付けちゃうな。

特に冬場、朝の通勤時に時間を確認したくても腕時計が袖にすっぽり被っていて、
腕を伸ばしても出てこないから両手を使わなければならない。
給油ごとにトリップをリセットしたら次回給油のタイミングも計りやすい。
メーターが付いているからわかるんだけど200キロで給油したい。
レッドゾーン下限ぎりぎりでも200キロいかないくらい。もう少し走るにはトリップメーターがあった方が便利だもんね。

マグネットは後日接着剤でしっかり留めるとしよう。

みなさんも良ければ付けて見ては?

サイコン取り付け全編