自転車のチェーン交換

スプロケット
もう随分前の話だけれど、チェーン交換をした。
チェーン交換に必要なパーツはすでに揃えてあって、あとは作業するだけと言うところまで書いていた。(そのときの記事)
スプロケットはワンウェイのラチェット式になっている。走っているときにペダルを止めてもチチチチチってホイールだけ回転するけれど、再度ペダルを回転させるとまたホイールに回転力が伝わるのはそのためだ。

ホイールロックのパーツで固定して専用工具でくいっとやると軽く外れた。
汚いスプロケは放って置いてさっさと新しい物を取り付ける。取り付けの際はロックも不要だ。

チェーン交換

チェーンも交換する。外すのは張ったままでも良いけれど、取り付けの際はたるみを作ってあげた方が、手がぷるぷるすることなくスマートに作業できる。
このフックはチェーンカッターに付属していた。

合わせて買わなくて良かった。

カシメ作業も簡単。
もとのチェーンとコマ数を合わせて調整したら取り付けてカシメ。

チェーン交換

後に飛び出して来るので一気に押し込まないでリンクがスムースに動くポイントに達するまで少しずつ締めて行くとよいだろう。ポイントがあっていないとぎくしゃくした動きになるが、ピタリとはまればスルスルと抵抗なく動く。
そしたら画像のように裏側に飛び出した部分をニッパーやプライヤーでコキコキするとポキリと折れる。

注油をして走り出すと何とも軽い。
チェーンが伸びてなければクリーニングと注油で動きが軽くなるかもね。