クランクケース内圧コントロール?

IMG_20180216_062952_162
オイル乳化を調べていたらクランクケース内圧コントロールというものを見つけた。
簡単に言うとピストンの上下によりクランクケース内の気圧が変化するので、その抵抗をコントロールするというもの。
圧力をただ開放するのではなく、負圧状態にするのがポイントで、そのためにブローバイホースにワンウェイバルブを取り付けて圧が出るが戻らないようにする。
単気筒エンジンには有効であるということだけど小排気量車では圧力が低いので効果は限定的。

他にはエンジンブレーキがマイルドになって乗りやすくなったりもするみたい。

ま、買ったので取り付けてみます。

買ったのはこれ↑
安かったので。お試しで。

DSC05932
開けてみるとバルブがスプリングで押し付けられる構造。
このスプリングの強さがクランクケースの圧力より強かったら作動せずに他の弱いところから抜けてしまうことになる。

DSC05933
本当は根元に着けたほうが良いらしいけどサイドカウルが邪魔で断念。

DSC05936

なるべく切ったりしたくなかったのでホースはそのまま。油水分離機の手前に設置。
走った感じは・・・・
あまりよくわからない。
水分の逆流防止にもなっていいと思っていたけど水は溜まっていないし、でもせっかくつけたのでもう少し様子を見てみよう。

オイル乳化対策

前回オイル水分除去のアイテムを取り付けたのを少しだけ改造。
前回の記事はこちら

17
末端をこんな風に栓をしただけだったのでもっとよくわかるように、

DSC_0637
ボトルを取り付けます。

DSC_0638

こんな風に穴をあけてホースを突っ込みます。
かなりギリギリ。あとから考えるとニップルを取り付けるほうが開ける穴も小さく済んだしかっこも良いしね。でも仕方ない。

こんな感じになりました。
DSC_0639

12

ブローバイから排出された未燃焼ガスや水分がこのボトルに溜まることにより、あとからどの程度水分を分離できたのか確認でき楽しみが増えるというわけです。
さてさて効果あるでしょうか?