WAVE125i オイルの乳化現象を解決したときのまとめ。

オイル交換

WAVE125helmin (タイカブ、タイ製のスーパーカブ、カブの兄貴分といった感じ)で、オイルに水が混入してしまい克服したときのまとめ。

WAVE125iは原付2種の125ccのロータリーミッションのオートバイ。通勤で使っている。飲み会と雪の日以外の平日は毎日乗っている。だから不調はとても困る。故障で乗れなくなったりするととても困ったことになるのだ。
だからこの時のように原因がなかなかわからない不具合というのは焦る。せっかく克服したのでまとめてみようかと思う。

“WAVE125i オイルの乳化現象を解決したときのまとめ。” の続きを読む

オイル交換3/12

オイル交換

3/12
35579.8km
オイル交換を1000キロごとにするのをやめてみる。
環境負荷と経済性等を考慮してエンジンノイズが感じられるまで我慢する。
今回はおよそ1600キロ走行。前回G4を入れたから持ったのかもしれないが、様子を見てみる。

【Wave125i】夜のオイル交換

DSC_1975


34000キロのキリ番(古ッ)になったのでオイル交換。
前回10w-30を入れてみたけどなんだかもっさりして重たい。
ホンダ推奨の粘度だけど、朝の気温10度切る、というか0度という時もあるから10wでは固いのかもしれない。

今回はG4(0W-30)が少し余っていたのでそれと、この間まで使っていたMEG-017(5W-30)をブレンド。
週末にオイル交換しようと思ったんだけど、暖気が面倒だなと思ったので会社から帰ったらすぐに交換。
20キロ走ってるから暖気も十分。するする抜ける。

フィラーキャップをまず外してからドレンを緩める。でないとオイル抜いた後にフィラーキャップが固着でもしていたら走れない。最悪修理に出さなければならない時に自走できなくなってしまうので要注意。

Screenshot_2019-01-22-06-00-05

そして感想はというとまず軽い!
始動が楽!
静か!
走った感じもスルスルとスムースに走っていくこれは燃費も良さそうと思ったけどまあ、良くなっているけど思ったほどでは無いなぁ。
まあいい、走っているストレスがかなり軽減されたから。真冬は柔らかめのが良いですな。

【WAVE125i】オイル交換

オイル交換

DSC_1686

オイル交換
1000キロごとに交換
今回は

タイムセールで買った10W-40

ちょっと固いみたいで燃費が良くない。飛ばしすぎのせいかもしれないけど。
次の交換時期になる前に5W-30に戻そう。

 

【WAVE125i】燃焼室清掃

DSC_1683
週末はちょうど1000キロごとのオイル交換。
そのタイミングでプラグ穴からWAKO’S ENGINE CONDITIONERを吹き込んでみた。
先日スロットルボディーの清掃をしてかなり調子よくなったので、他にカーボン汚れがありそうなところと言ったら燃焼室でしょう。というわけでオイル交換のタイミングで実践。なぜオイル交換前かというと燃焼室にコンディショナーを吹き込むとエンジン内部にも浸透して、エンジンオイルが汚れてしまうらしいので。
作業はプラグを外し、泡があふれるくらい吹き込んでしばらく放置、その後キックで排出。勢いで飛び散るのでウェス等でカバーするのを忘れないこと。これを数回繰り返した。

プラグを戻してエンジンをかける。白煙がものすごい出る。臭いもきつい。
しばらくアイドリングしたけどなかなか収まらない。近所迷惑なのでひとっ走りして排出した。イイ感じ。アイドリングも安定しているし。

戻ってからオイル交換。
DSC_1686
抜いたオイルはめちゃくちゃきれい。
うーん、もったいないなぁ。

常にきれいなオイルのほうがエンジンもうれしいだろうからいいか。

ワコーズのほうはセンサーにアタックがあるとのことだったので、こちらを使うようにしました。

もし真似して良くないことが起きても責任持てませんが、もしやるなら直後にオイル交換と、できればプラグ交換もセットで行うほうが尚よろしいと思いますよ。

【Wave125i】オイル交換

2018-09-09 11.40.46

WAVE125のオイル交換をした。
ま、ただそれだけなんだけど。
チャチャっと抜いて入れるだけ。簡単簡単。
1000キロごとに交換するからオドメーターがキリ番になるころが目安。
覚えたり確認する必要もなく便利。
オイルもAZで安いから経済的な負担も少ない。 

【Wave125i】オイル交換 乳化無し

久しぶりのオイル交換。
とても分かりづらいが乳化は無い。
カブのオイル交換
水分の混入もないし、気温も上がってきたから溶けたのかな?

前回から約1000キロ。
最近ガシャガシャ言い始めたのが気になった。
1000キロくらいで劣化してしまうのは早すぎないか?
でも1000キロで換えることにしているのでちょうどいいっちゃぁちょうどいい。
4リットルで2000円くらいのオイル。
一回のオイル交換の費用も大したことないし、エンジン長持ちしてほしいしね。
ガシャガシャが気になったら交換しちゃえばいいんだ。

 

オイル乳化の原因か?

オイル乳化の原因が分かったかもしれない。

先日オイル交換をした。
その後未走行で翌日雨。
そしたら・・・・

なんと・・・・

カフェオレ・・・・

ということはどこかから雨水が侵入しているのでは?

考えられるのは
1、クランクケース合わせ面など。
2、ブリーザーホース
3、フィラーゲージ

まず1のクランクケース合わせ面
特にオイル漏れ、にじみなどないのでひとまず除外

2のブリーザーホース。エアクリーナー側を外して指でふさいでみると圧力を感じ、他に噴き出したりしていないようなので除外。

3のフィラーゲージ
こちらは思い当たることがあってオイルチェックをするたびにOリングがずれていたのだ。ゆるゆるになっていた。あまり気にもせずウェビックやバイク屋に頼むのもOリングだけってのもあれだなと躊躇していた。それがいけなかった。
さらにこの乳化を初めて確認した前日に洗車した。
2回目のオイル交換前日に雨。

非常に強い嫌疑がかけられている容疑者。それはフィラーゲージのOリング。

というわけで2りんかんで買ってきました。

フィラーキャップのOリング

K-PIT 70-967-31030 18×3
 普通に売っていたので早く買えばよかった。
これで解決してくれればいいのだけれど。

オイル乳化3

2/24

オイル乳化対策のボトルですが・・・・・

結局水分除去はできなかったようで1ミリたりとも溜まらず、ちょっと肩透かし。
どうやら油温も100度を越えるほど上がらないようで、水分を蒸発するに至らないようだ。

前回のオイル交換から600キロほど走行。

水分除去ができないとクランクケースやギア類の錆が心配になり、ホントはメーターのキリ番まで待とうかと思っていたけど早めに交換。
DSC_0679

DSC_0681

2回交換したところで手持ちのオイルがなくなってしまった。
どうせすぐに抜くのだからホームセンターで車用の安いオイルを買おうかしら。