ワークマンで防寒用ブーツを買う

新しい防寒ブーツを購入した。
ワークマンにはいろいろな防寒ブーツがあったのだけど、決め手は防水性能。
他のはソールから4センチとかで、縫い目があるからそこから入ってしまうのかな?
といっても水没させたりするわけではないから、4センチだって十分機能は果たせるのかもしれない。
だけどどうせ買うなら完全な方が気分がいいかと思ってこっちにした。

買ったのはケベックNEO。

防水

縫い目にもしっかりシームテープで防水加工が施されている。
雪深い地域でも大丈夫なんだろうね。うちの方ではほとんど雪は降らないから恩恵にはあずかれなさそう。

雪でも滑りにくいらしい。

ソールはこのような感じ。
白っぽいつぶつぶが滑りにくい秘密なのかな?違ってたらごめんなさい。

価格は2900円。
防寒性能がまだ未知数だけど、この価格なら1シーズンでつぶれても我慢できる。ほんとは長持ちしてほしいけどね。

履いてみた。
店舗で試着して普段25.5㎝だけどLLにした。
Lだとなんとなくつま先が窮屈な感じがしたからだ。

おろして数日で雨が降ってきた。ラッキー!

まず履いた感じ。他のレビュアーの方のを見ても歩きづらいと書いてあったが、確かに歩きづらい。
LLサイズにしてしまったからだろうか?
なぜかと分析したところ、防寒のためのモコモコが逆にあだとなり、アッパーに張りがないのだ。
歩くとソールが残りアッパーを引き上げる形で持ち上がる。なるほど。
厚手の靴下を履けばもっと改善されそうだけど、まだ10月になったばかりでそこまで涼しくもなっていなかったから、普通の靴下でも暑いくらいだったので厚手の靴下は未確認。

次はベルトの追加。画像を見てもらうとわかるかもしれないけど、片方をソールからアッパーにぐるりとマジックテープのベルトで固定した。もう片方は足首部分に巻いてみた。
うん、どちらも効果あるぞこれは。
ソールを巻くと擦り切れる恐れがあるから足首を巻く方が効果あるかな。
できれば幅広のベルトで脱ぎ履きしやすいギリギリの締め付けにすれば使い勝手も損なわさそう。

ワークマンの製品はいいものだと売り切れてそのまま廃盤になるケースがあるから、気になるものは早めにゲットする必要がある。
逆に人気がなく売れ残ってセールになるケースもある。こればかりはわからない。ただ話題になってから欲しがっても遅いのは確か。
これまでも折り畳みローテーブルとかペットボトルクーラーとか買い逃して悔しい思いをした。
だから今回はいいなと思ったら早めに購入した次第。

皆さんもおすすめあれば是非教えてほしいです。
では


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう