マルチメーター移設(左から右へ)

WAVE125iに先日取り付けたカスタムパーツ・エースウェルマルチメーターを左から右側に移設する。

なぜかというと・・・・

WAVE125 ミラーステー

後付けメーターはミラーに共締めしているのだけど、
左のミラーはハンドルバーにステーが溶接されているだけで強度的にかなり不安。
走行中も振動や走行風でかなり揺れ動いているし。
ミラーステーが折れてしまって溶接した人もいるみたい。
そんなこんなで心配しながら通勤するのも精神的に良くないので、右側に移設することにした。

タイカブ ブレーキホルダー

右側はと言えば画像のようにハンドルバーにブレーキレバーホルダーとミラーステーが一体になった部品がクランプされている。これなら強度的にも余裕がありそうだ。

カブにマルチメーター取り付け

ミラーと共締めにしたクランプバーホルダーごと右に移設した。
配線はミラーの根元から出す。
一度コネクターを抜いたから電源がリセットされてしまったため時刻やらタイヤ外周など一から設定する。
よし、いい感じだ。
シフトインジケーターの邪魔にもならない。
正直これじゃなくても良かったかな。ぱっと見のインパクトがあるからカスタム感は出ていいのだけれど、結局本来の希望だったトリップメーターと時刻の同時表示はできない。
もっと簡単なサイクルメーターで同時に表示ができるものがあればそれに変更を検討してもいいかもしれないな。