【Wave125i】夜のオイル交換

DSC_1975


34000キロのキリ番(古ッ)になったのでオイル交換。
前回10w-30を入れてみたけどなんだかもっさりして重たい。
ホンダ推奨の粘度だけど、朝の気温10度切る、というか0度という時もあるから10wでは固いのかもしれない。

今回はG4(0W-30)が少し余っていたのでそれと、この間まで使っていたMEG-017(5W-30)をブレンド。
週末にオイル交換しようと思ったんだけど、暖気が面倒だなと思ったので会社から帰ったらすぐに交換。
20キロ走ってるから暖気も十分。するする抜ける。

フィラーキャップをまず外してからドレンを緩める。でないとオイル抜いた後にフィラーキャップが固着でもしていたら走れない。最悪修理に出さなければならない時に自走できなくなってしまうので要注意。

Screenshot_2019-01-22-06-00-05

そして感想はというとまず軽い!
始動が楽!
静か!
走った感じもスルスルとスムースに走っていくこれは燃費も良さそうと思ったけどまあ、良くなっているけど思ったほどでは無いなぁ。
まあいい、走っているストレスがかなり軽減されたから。真冬は柔らかめのが良いですな。

Wave125iタイヤ交換

タイヤ交換した。
前回チューブレス化したタイヤはティムソン。悪くはなかったけど山が減ってきて最後のほうは雨の日なんかのグリップがばらついた感じがあってひやりとしたことがあったので、今回は無難にミシュラン・パイロットストリート。といっても選択肢が少ないので選べる中ではメジャーどころ。。
タイヤ交換
80/90-17

タイヤ交換
リムを傷つけないようにリムガード、メッキのホイールと違ってこういうところにも気を使わなければならない。
リムの内側のチェックをする。前回から特別エア漏れなどないから大丈夫だと思うけど、汚れやごみ、大きい傷などないか点検する。

タイヤ交換
でいきなり組み付け完了。チューブがないってホントに楽。念のためビードシーラーを塗って空気圧を3キロ入れて放置。

カブ タイヤ交換
洗剤をリムに吹きかけ泡が出ないか確認する。

オッケーー!

完成。その他の外した部品をくっつけて、チェーンの張りをチェックして、締め忘れを確認して完了。新しいタイヤは白線やマンホールなどで滑りやすいから、初めはスピードを抑えて一皮むく感じで慣らし運転しましょうね。

【WAVE125i】ブレーキパッド無くなったから交換する。

DSC_1931
またまたやってしまった。
暮れのバイクでの出社最後の日、帰り際に急にシャリシャリ言い出した。
もう経験者だからなんなのかすぐにピンときた。
前回交換してから少ししてパッドを買っておいたから在庫もある。
気を付けてゆっくり帰ってきた。本当ならもう少し早めに気づいて交換するべきだが、気にしてなかった。反省。

DSC_1933
取り外してみる。思った通りベースまで到達している。よくぞここまで気づかないもんだ。制動力も変化があったようには思えなかったのでギリギリまで使えるということが分かった。(そういう問題じゃない)

DSC_1932
新旧比べてみると差がよくわかる。新品には筋が入れられているからそれがなくなったら替え時ということだろうか?次まで覚えておこう。
交換手順はタイヤとキャリパーを外して、ピンを抜くとパッドが外れるから、当て木やウエスなどでピストン、その他に傷がつかないよう注意しつつウォーターポンププライヤーや専用工具でピストンを押し込む。フルードを継ぎ足したりしていなければ溢れる心配はないはずだけど、一応気にしておく。ピストンが押し込めたら逆の手順で組み付ける。組付け前にパッドの角をやすりで削り落とした。これをしないとブレーキなきの原因になるらしいが、本当のところはよく知らない。精神衛生上行っておいた。

DSC_1934
ピストンをしっかり押し込まないとクリアランスが狭くなりディスクローターが入らなくなるので注意。この状態から無理にマイナスドライバーなんかで押し込もうものならパッドが傷ついてギタギタになるので、分解してやり直したほうが無難。

最初は広がった分レバーの引きしろが増えるが何回か握ると適正値に戻ってくるから大丈夫。
またパッドのあたりが出るまでは少し効きが悪いかもしれないので注意しよう。

あーすっきりした。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

ことしも事故無く、できれば違反もなく、故障もなく、

そんな波のない穏やかな一年でありたい、それが今のところの希望です。

皆様も同様にトラブルなく一年過ごせますようお祈りします。