スロットルバルブ清掃

DSC05914
バッテリーを新品に交換したのに始動不良は改善されなかった・・・。
仕方ないので今度はスロットルバルブとボディー内部の点検を。
暗すぎてピントが合わず内部の画像が取れなかったけど、バルブ周りに汚れが溜まっていた。
DSC05917

クリーナーを直接吹き込むと不具合を起こす場合があるとのことなのでビビってしまいウエスにクリーナーをしみこませてせっせとこする。
狭いのでかなりやりづらいが根性できれいにした。

で結果は・・・・。

かなり改善されたけれどまだ完調ではない。
あとはどこだ?
気にしすぎなのだろうか?

WAVE125i バッテリー交換。

DSC05905


燃費や始動性が一向に改善しないので今度はバッテリーを交換してみた。
ぶっちゃけ今までのほうを充電してみて電圧を測ったら12.4Vあったから言うほど劣化していないようだったけど、3年たったので予防の意味で交換した。互換品が送料込みで安かったというのも決め手になった。

(2018/01/29時点)

 

安心のユアサ、またはせめて台湾ユアサ、と思ったけど安さとレビューの良さで決めてしまった。
交換はいたって簡単。
1、右のえらを外す
2、カバーのビスを外してカバーを外す。
3、バッテリーのマイナスを外す。
4、プラスを外す。

で入れ替えて逆の順序で戻す。
交換したところセルの勢いはよくなった。
けれど始動不良は改善されなかった。

次は何をしよう。
では、また。

Wave125i カムチェーンテンショナー点検

ここのところの燃費悪化に対してやれることはすべてやってみようということで、
カムチェーンテンショナーの点検を実施。
まず画像のボルトを緩める。14ミリレンチが必要です。
DSC_0539

緩めるとばびょーんと部品が飛び出して来るので注意。
そこで開けてびっくり水が出てきた・・・・。
やることが増えてがっかりなような、気づいてよかったような・・・・。
DSC_0541

部品自体に錆が発生したり等はないようだった。
DSC_0540
横っちょのチェックホールからスターターのオイルを少し足す。10㏄くらいでいいみたい。
注射器などがあればいいのですがそんなものはないので、昔コーヒー牛乳にさしたストローの先端を指でふさいで持ち上げると落ちずに移動できる技を使って注油した。

DSC_0543


ここ。10ミリレンチが必要です。

DSC_0544

ロッド先端のゴムプラグはかなり減っている。
油圧で押し付けられているので大丈夫だと思うけど、これを見てしまうと精神衛生上よくない。
それにキタコなどで対策の減りづらいカスタムパーツも出ているようだ。それはローラーもついているけど7000円くらいしているのでそこまではいらないだろうなーという価格で躊躇する。
今度ホンダまで行って注文してみよう。
DSC_0545

組み上げてエンジン始動。

カタカタカタカターーーーーーー

すごい異音!

やばい!壊れた!

慌ててエンジンストップ。

しばらくすると音が消えると見かけたけど全然消えない。

もう一度やり直してエンジン始動。
相変わらず異音。

回転上げないようにゆっくりひとっぱしり。

戻ったころには異音は消えていました。やれやれ。これは焦るわ~。心臓に良くない。

ところでこの調整をした後はエンジンオイルが染み出てくるようになってしまったので、ワッシャーは都度交換したほうがよさそうですよ。


Wave125i タペット調整やり直し

前回いい加減に(?)行ったタペット調整。
少しタペット音が出て気になって仕方ない。通勤に使うデイリードライブなので精神衛生上よくないのでもう少し真剣にやってみる。

Valve clearance
Valve clearance

EX側のキャップを開けるとオイルが漏れるので下にオイルパンなどの受け皿を置く。

Valve clearance
Valve clearance

前回はクランク左側のセンターキャップが固いとのうわさを鵜呑みにして開けずに調整したので圧縮上死点を出さすに大体で作業した。これでもそれほどずれてはいないと思うけど、今回気になったのは隙間。調べたら規定値は0.05mm±0.02mmとのことだったのでつまり0.03mm~0.07mmの間ということ。
0.05mmのフィラーゲージをきつめにしてみようかと思う。きつめでも引っ張って動く程度なら0.03mmは下回らないだろうと。

Valve clearance
Valve clearance

タペットスクリューを固定してロックナットを締めるのは至難の業。すぐにずれてしまうので納得いくまで何度でも繰り返す。数回やれば決まるのでそこでやめる。
走り出すと音も消え気分的にも安心感が増しました。

エアクリーナー交換

ここのところ燃費が悪化してタペット調整をしてみたけれど変化なし。
そういえばエアクリーナーの点検してないっけ。ということで早速部品を手配した。

なじみのホンダ屋さんに注文。価格は2160円でした。

DSC_0460

17210-KYZ-V00
17210-KYZ-V00

番号は17210-KYZ-V00

それでは行ってみよう。
まずはビスを2本外す。外したらフロントカウルをエイやと引っぱがす。
壊れそうになるけどどうしようもない。思い切って引っ張るしかない。もっとスマートなやり方があるのかもしれないけど自分はこんな調子でやっている。今のところ破損はしていない。

28

エアクリーナーボックスの蓋を止めているビスをはずしてエアクリーナーを取り外す。
57

新旧比較。
単体では少し汚れているかなと思ったけど、比べると汚ーい。
触ってみると脂っこい感じで手が汚れた。これは空気のとりこみを妨害していると思われる。

33

取り付けは逆の手順で行う。とりたてて変わった手順もないので割愛。
08

そして走った感触は、おーーーかるい、かるいよ。
購入当初はこんな感じだったんだね。徐々に悪くなると案外気づかないものだね。

さあ、燃費はよくなるかなぁ?