【WAVE125i】リアタイヤチューブレス化リベンジ!

最初に。
この記事にはメーカーの想定する使用方法とは異なった内容が記載されています。
あくまで個人的な思い付きを載せただけですので、くれぐれも真似はしないようにお願いします。
もし真似をして事故、故障等が起きた場合にも当方は一切責任を負えません。


チューブキャストホイールにチューブレスタイヤを組み込む

だいぶ減ってきたリアタイヤ。
前回は10100キロで交換。今回は21500キロ。およそ11000キロ走った。
スリップサインはまだ完全に出ていないが中央部分は平らになっている。
通勤オンリーでの使用なので仕方ない。
いよいよタイカブウェーブのキャストホイールのチューブレス化に再挑戦のチャンス到来。
wave125カスタム行きますよ。

カブ用タイヤパイロットストリート

前に異物が刺さって空いた穴。
これのせいでチューブレス化はお預けとなっていた。

必要なものをそろえる

エアバルブ

ゲイルスピード

エアバルブはまたゲイルスピード
このバルブがアルミ製で軽く、見た目もいい。

タイヤレバー&リムガード

タイヤ交換の必需品タイヤレバー

ホイールを傷つけないようにリムガードとタイヤレバーを購入。

タイヤ

created by Rinker
TIMSUN(ティムソン)
¥3,450 (2020/10/21 06:39:07時点 Amazon調べ-詳細)

ティムソンタイヤを選択。

タイヤ組み込み開始する

WAVE125キャストホイール

ホイール単体にしてタイヤを外します。
チューブレス化に失敗してチューブを再使用する羽目になるかもしれなので、チューブに穴をあけないように慎重に、慎重に。

前回断念したリム内側の荒れ。ザラザラ。手で触ると明らかにザラザラだ。

キャストホイールのチューブレス化
キャストホイールチューブレス化

今回は真剣に磨きました。
画像ではいい加減に見えますが、手で触って違和感がなくなるまで。手の感触はとても優秀なのでこの感覚に頼ります。

チューブレス化

そしてゲイルスピードのバルブを取り付けて液体ガスケットで隙間を埋める。
ゴムのスペーサーがついているけどリムが細くてRがきつくて隙間がある感じがしてなんだか不安になったので。

TIMSUNタイヤ

そして今回のチャレンジの一つ。
ティムソンタイヤをお試し。
中国メーカーですが某通販の評価はなかなかのもの。さくらじゃなきゃいいのだけれど。縦溝が入っていて見た目もナイス。

ビードシーラー

もう一つ。
ビードシーラー。こんな小さな容器で2000円近くするので躊躇したが念には念を入れてということで思い切って購入。キャップの内側に刷毛がついているのでタイヤのビード部に塗る。生乾きになるくらい放置する。あとでゴムと接触すると貼りつく。

手組みタイヤ交換のビード上げ

チューブがないので組み込みは簡単。
ただリムの内側に傷をつけないように丁寧に作業していく。
リムガードを使いタイヤレバーが直接リムに当たらないようにする。
自転車用のポンプで空気を入れる。ハンプがないのでポンともなにも言わずビードが上がる。これだから逆にリム落ちも簡単にするだろうからちょっと怖い。そのためにビードシーラーで癒着することを狙った。
前回電動ポンプで時間がかかってしまったのでハンドポンプで。断然こちらの方が早くて楽。

リム外周とバルブ周りに石鹸水を吹き付けエア漏れを確認する。

タイやエア漏れチェック


・・・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・。

あれ漏れてない。一発で決まってしまった。
このまま1日待ってエア圧の低下がないかチェックします。

ティムソンタイヤ

よしよし、大丈夫そう。

試走した雰囲気もいい感じ。
高性能ハイグリップタイヤでもないし通勤にしか使わないしこの細さだし安いし多くを求めてはいけません。

ティムソンタイヤに交換

 パターンは好みです。縦溝も深く掘られ雨の日も走る通勤バイクに最適。

今回購入したのは

ティムソン 80/90-17

created by Rinker
TIMSUN(ティムソン)
¥3,450 (2020/10/21 06:39:07時点 Amazon調べ-詳細)