純正キャストホイールチューブレス化にチャレンジ。(失敗編)

P1030917

WAVE125i純正ホイールのチューブレス化を試みる

さあ、いよいよ長年の夢、チューブレス化にチャレンジ。
ネットをいくら検索してもいっこうにヒットしないので(探し方が悪い?)、案ずるより産むが易し、やってみましょう。
私はタイヤ交換すると必ずと言って良いほどチューブを噛み込んでしまい、何度もやり直しいい加減嫌になっているので、チューブレス化でチューブの噛み込みがなくなるのは精神衛生上とても良いのです。
またチューブがまるっと無くなればその分の軽量化に繋がるわけで、軽いにこしたことはないししかもバネ下。パンク修理もしやすいし恩恵だらけ。
ただ怖いのはリムの肩(ハンプ)がないので空気圧が低くなったときにリム落ちしやすくそのときはとっても危険。でもこれってチューブの時も一緒だよね。と言うわけでやってみよう!

準備。タイヤの癖をとる

まずはタイヤにタオルを詰めて膨らませて癖を付けておく。こうすることでビードをあげやすくする。

P1030918

タイヤのパターンはかっこいいね。

チューブタイプとチューブレス共用だと。
上手く行くかな・・・・?

タイヤを外してホイールのチェック

WAVE125i キャストホイール


肩の部分。向かって左側がけっこう荒れてる。

バルブの部分もRがきついか。

バルブはゲイルスピードをチョイス

ゲイルスピード

先日購入したゲイルスピードのクランプインバルブ。

wave125i チューブレス化

Rがきつくしめ込んでも心許ないので

キャストホイール チューブレス化

液体ガスケットでコーキング

created by Rinker
Holts(ホルツ)
¥855 (2021/04/14 14:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

いよいよ組み付け

WAVE125 タイヤ交換

そして組んでみる。
チューブがないと楽ですな~。
ハンプがないのでビードがあがるけどバツンバツンと言わない・
なんか手応えがない。空気圧を高めに入れてリムとの密着を高める。

組み込みが終わったので点検してみるが・・・

ミシュランパイロットストリート

洗面台に水をはりエア漏れのチェック。
No Way!エア漏れ!プクプクと2箇所ほど。

再度エアを抜く。簡単にビードが落ちる。エア漏れしていたところのリムを磨きタイヤをチェック。
また組む。
OMG!エア漏れ・・・。
また組む。
エア漏れ
また・・・

もうやめた。
こんなのでリム落ちにびびりながら通勤するのはきつい。

このあと普通にチューブ入れました。
期待された方申し訳ない。
もしかしたら私のリムの状態が悪かっただけかもしれない。実際漏れるのは片側だけだったし。
でもこれで良かったんだと思う。危ない(かもしれない)ことして何かあったときに笑ってごまかせる歳でもないし・・・。と言い聞かせてチューブレス化は失敗となりました。
ちゃんちゃん

後日、成功編