OGK ASAGIはWAVE125iのメットインにギリギリ

WAVE125iのメットインスペースは

wave125i メットイン

題名の通り。
先日購入したアサギがウェーブのメットインに入るのか試してみた。
で、OGK KABUTO ASAGIはWAVE125iのメットインスペースに、に入るのは入るけどシートを閉めると干渉して確実にシールドに傷が付くだろう。
対策としてネックウォーマーをシールドに掛けてしまっている。
そんなわけでリアボックスに入れた方が良さそうだ。
けれどSHAD SH26に入れるには横倒しにしなければならない。シャッドは内張等が無いからシールドに傷が付いてしまうだろう。100円ショップなどでフェルトの生地を買ってきて養生しなければ気になって仕方ない。すんなりとはいかない。

被ってみての感想

被った感想。
到着してすぐ被ってみたが、耳が痛くサイズ選定を失敗したかと思ったが、これはすぐに馴れた。
視界については目を下に移動するとチークバッドが少し見える、上を見れば帽体の縁が見える程度で遮る物は無いと言って良いでしょう。

シールドは

シールドはちょっと曇りやすい。早急にピンロックシートとやらをゲットしよう。
音は静か。少し風切り音がするが前のスモールジェットに比べたら雲泥の差。

ウェークスタビライザーというのは通勤の速度域では特に感じなかった。

OGK KABUTO 3年消臭

良いのはこれ。
冬場は大丈夫だけど夏場は汗をかくからね。今までもヘルメットが臭くて死ぬ思いをしたことはないけれど、今回はパッドの厚みもあり汗をため込みやすいのかもしれないから、この機能は気分的に嬉しい。

このような感じのヘルメット。買って良かった。
お座敷に飾るためではないので普通に使って普通に手入れしてしっかりモトを取れるだけ使い込んであげたい。

ピンロックシート買った

ピンロックシート

薄っぺらいシートが入っていた。
シールドを外してグイっと押してピンに引っかける形で取り付ける。
そしてその効果にビックリ!

ピンロックシート

シートの周りは真っ白。今までは全面が真っ白だったのが、このようにピンロックシート部分は曇っていないのだ。

シールドが曇るのは外と中の温度差で結露ができて曇る。
特に雨降りだと気温差や湿度でもう大変。
シールドを開けて風に当てて乾かすという手もあるが、雨の日は無理だよね。
ピンロックシートにはシリコンの縁取りがされていて、それがシールドと密着する。
そこに空気の層ができて、外と中の温度差を緩和して曇りにくくなるという仕組み(だったと思う)

効果絶大。ピンロックシートはつけたほうが良いと思う。おすすめ。