WAVE125にスマホのホルダーと充電システム取り付ける

バイク用スマートフォンホルダー
先日の宇都宮遠征で土地勘のない場所では地図が欲しくなり、スマホに入ったナビアプリを見ながら走ったが、
ホルダーがないからポケットから出して確認しつつだったのでとても手間が掛かった。

そこでスマートフォンのホルダーをWAVE125iに取り付けることにした。
いつものようにアマゾンで購入
  

こんなものを買ってみた。
ハリケーンのクランプバー。
WAVE125はバーハンドルではないのでバーを追加。ミラーと共締めする。バーとステーが別体なので角度の調節が可能。
ミノウラのスマートフォンホルダー
パイプにクランプしてスマホを取り付けできる優れもの。

WAVE125 カウル外し

フロントカウルの上部2本のビスを外して前方に引っこ抜く。
ガコンとものすごい音がして外れた。壊れた!とおもったね。けれど大丈夫だった。

中に細いフレームが通っていて導通をしているようなのでアースはここからとることに。
電源はバッテリー直は嫌なので、イグニッションオンの場所を探す。
定番のブレーキランプやスイッチは遠いしアクセスが大変なので、フロントカウル内で探す。
ポジションランプ?ここからとることにした。(なにか不具合があるようでしたらご指摘ください)

充電システムは当初以前購入した

を使おうとしたが壊れていて断念。

急遽2りんかんへ。
そこで見つけたのが同じメーカーの
DC STATION

DC STATIONを発見。購入。
この製品は防水タイプと言うことでどうしても雨風にさらされるバイクにちょうどいい。

DC STATION

USBで2.1A。1Aでは機器によっては充電が足りない場合もあるので嬉しい出力。

配線は簡単だけどどこに付けるかが問題。

クランプバーに取りつければ充電ケーブルが短くてすむからスッキリする。
けれど充電ポートのケーブルを通したりで手間も掛かるし後々大変になるから却下。

WAVE125 ナビ

WAVE125シガーソケット

シガーソケットはイグニッションキーと反対側のスペースへ付属の両面テープで取り付けた。
作動も確認。充電ランプも点灯。
試運転はまだだけど多分大丈夫でしょう。
スマホのホルダーには脱落防止のゴムリングが付属していた。
念のため電話機本体と車体、あるいは自分自身にカラビナやコード等で繋げた方が安心ですね。