通勤バイク タイカブWAVE125helmin納車!!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WAVE125helmin

ヘルメットが入るカブ。タイカブWave125Helmin購入。

WAVE125Helmiinが納車になった。
前の通勤バイクが旧車の125cc。

信号待ちでエンストしたり、いろいろ壊れて修理したり、それはそれで楽しかったけれど、通勤バイクに求められるのは安心感。あとは燃費と加速。

そこで白羽が立ったのはWAVE125ヘルムイン。ヘルムインっていうのはメットインのことなんだって。さんざん悩んでいろいろ調べて、オーナーに話聞いたりして、ずいぶん時間かけた。だって30万円以上するんだよ。とても安いとは言えない。総合的に考えたら安いかもしれないけど。家族を説得するのも必死だった。ようやく許可が下りて、何とか歩いて行ける範囲にエンデュランスの取扱店があったのでそこに頼んだ。
輸入品だから時間がかかるって言われた。1か月ちょっとくらいかな。
もうそこからはワクワクソワソワ。でも通勤バイクなのでカスタムは考えていない。

何度かずれ込み、ようやくその日が来た。暮れも押し迫った12/27。会社は前の日で終わり。そしてお店は12/27まで。行くしかないでしょ。ということでバスで引き取りに行ってきました。

ところでウェーブ125って知ってる?
ホンダだけどタイのホンダ製。タイカブとかタイバイクって呼ばれてる。
すごいのは燃費。リッターあたり50キロは当たり前。乗り方によっては70キロも超えてくるって。なのに動力性能もすごいらしい。これからが楽しみ。

小型PGM-FI搭載「Wave125i」(タイ)
Wave125iはPGM-FIの搭載により、タイの多種多様な地形や環境下でも、場所を選ばず快適な始動及び力強くスムーズな乗り心地と低燃費を実現するとともに、2004年7月に施行されるタイ第5次エミッション規制値に対してCO1/2以下、HC+NOx1/2以下というハイレベルを達成。
タイで小型FI搭載車を生産するのはHondaが初めて。

https://www.honda.co.jp/news/2003/2030327-wave125i.html

でもロータリーミッションに馴れてないからそれだけ不安。WAVE125iは走行中は4速から上、つまりニュートラルには入らない。これってけっこ重要な要素で、確か古いカブは4速からニュートラルに入ってしまいビュイーンってなって焦った記憶がある。それがないというのはとてもありがたい。あとシフトポジションのインジケーターがついている。無くてもいいかもしれないけど、あると便利。
不満なのは時計がない。ヘッドライトがLEDじゃない。タイヤがチューブレスじゃない。欲を言えばもっとタンク容量が欲しい。こんなところかな?
ま、すぐに馴れるでしょ。

乗ってみて

もう最高!
ちんたら乗ってもいいし、ちょっとアクセルひねれば一番前で後ろを引き離すぐらいの能力もあり(し、しませんよ、そんな危ないこと!)
ゆったり乗れば燃費も最高。夏場にゆったり乗るとリッター60キロ超えも。カリカリ荒っぽい運転すると50キロ前半に。いずれもドノーマル。
積載力の不足はリアボックスで解消。
燃費が良いというのは何ものにも代えがたい。例えば車通勤でリッター10キロだとするとその5~6倍走る。ということは燃料代5分の1。
例えばスクーターでリッター30キロだとすると倍近く走る。燃料代は約半分。
すごくない?
バイク通勤できるならWAVE125iを選択肢に入れて、さらにできるなら第一候補に挙げてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA