【バイク通勤】ワークマンバイカーズ買った!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ワークマンバイカーズ

ワークマンバイカーズ購入

ずっとほしかったワークマンのバイカーズを手に入れた。某フリマサイトでユーズドを手に入れた。状態も良さそうだったので即決した。

旧タイプと新タイプはどう違うのか

BR-001(旧タイプ)BR-002(現行品)
耐水圧15,000mm20,000mm
透湿度2,000g/m2/24h
価格廃版5800円

買ったのはBR-001。旧タイプだ。
BR-001(旧型)とBR-002(現行タイプ)の違いはデザインと透湿性の有無。
BR-001は透湿性無し、耐水圧15000mm。対してBR-002は耐水圧が20000㎜にあがり、透湿性も2,000g/m2/24hに増えて断然現行品のほうがいい。
まず旧型を安く買って様子を見てからと思ったけど、素直に現行品にすればよかったかな?
身長173センチ体重64キロでサイズはLちょっとゆったり。
冬場には防寒着を着るので、インナーに着こむ想定をしなければMでも良かったかもしれない。ズボンの長さもそこそこあるのでMで乗車姿勢の時にずり上がらなければそちらでもいいのかなと。

現行品は3レイヤーでグレードアップ

詳細はhttps://workman.jp/shop/g/g2300067567026/
こちらから画像お借りました。

ワークマン バイカーズ公式サイト

旧タイプは裏地にメッシュが付けられているいわゆる2レイヤー。重いし耐久性も劣る。とのことだけど、そこまで感じないし、透湿度だって雨の中使うレインウェアだから外気温差、湿度の差でどこまで排出されるのか疑問。(負け惜しみ)

試しに水をかけてみる

ユーズドなのでまずは洗う。その前に水をかけてみる。

ワークマン

じゃばー

ワークマン

おー、すげー。ユーズドだから劣化してるかと思ったけど全然そんな雰囲気ない。

洗う

レインウェアの洗濯

バケツに水を張りお洒落着洗い(蛍光剤、柔軟剤なし)洗剤で押し洗い。透湿性がないからお洒落着洗い洗剤でなくても良いのかもしれない。というのもなぜこのような洗剤を使うかというと透湿性というのは生地に微細な穴が開いていて、水分を通さず気体となった水蒸気を外に排出する機能なので、その穴を埋めてしまうような余分な成分が入っていないものが良いのだ。そしてレインウェアは内側に汗や皮脂や汚れが、外側に汚れや排気ガス雨、そんなものが付着し透湿性を妨げて、結果内側の生地の寿命を短くしてしまう。だから積極的に選択をした方が性能の維持と寿命も伸ばせるというわけ。

NIKWAX

NIKWAXに付け込み仕上げして乾燥中。
透湿性がないからこちらもNIKWAXでなくて防水スプレーでも良いとおもうけど、他のウェアも洗ったのでついでに。

早速雨が降った

ワークマンバイカーズ

翌週、早速雨が降ったのでバイク通勤。
しかも結構な土砂降り。
首回り、腕、手首、ウエスト、脚、いろいろとベルクロで閉じられるので雨水が侵入してこなかった。今まではノースフェイスのウェアを着ていたけどあまり強い雨だとあごや後ろの首筋からツーっと水が入って「冷たっ」てなったりしたけれど、今回はそういう目には合わなかった。これはいいかもしれない。
画像はあまり水滴がついていないが、会社に着くころには小ぶりになっていた。でもバサバサとやってタオルですっと拭けばあらかた水気がなくなるのは、ある意味感動的でもあった。

不満点

不満点と言えばポケットがないことくらい。バイク用レインウェアと振り切っているので余分な機能を省いたのだろうが、鞄を持ちなくない派なのでできればポッケがあったほうが良かったな。でもそれくらいだろうか。
これに味を占めてワークマンのストレッチレインウェアを欲しくなっている。。。

created by Rinker
ニクワックス(NIKWAX)
¥1,263 (2020/07/09 22:17:33時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です